フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式(6)
「卒業証書 授与」

いつもの年のように、石炭なのか石油なのかわからないけど
ストーブを四隅に焚いて、卒業式が行われた。

僕がもらう番になったときも、みんながやっているのと
同じように、一礼して卒業証書を受け取った。

ついに、6年間の小学校生活も終わりを迎えたのだが、
その実感は、僕にはあまりなかった。
むしろ、自分の学生としての生活や人生も、
いままでとは変わらずこれからも進んで行くという感覚である。

卒業証書を筒の中に入れて、在校生と向かい合って座り、
いよいよ例の「呼びかけ」の時間となった。
また、去年と変わらないセリフで、
在校生が呼びかけてくれるものと考えていたが、

 「お兄さん お姉さん

  卒業おめでとう。



…えっ?とその時思った。
去年のその時のセリフを読まれた方はおわかりと思うが、
今年の卒業式、僕たちに向けて語られた
祝いの言葉には敬語がなかった。



 「(一同)おめでとう。


一同の言葉も同様だった。

それから、あとはいつもの年のように、
在校生と卒業生の呼びかけが行われていった。
演劇のときの思い出、題名の「火」についても
特に笑いもなくすんだ。

最後は、今回新しく作られた卒業式の歌を歌う番である。
みんなが歌っているところを聞いているとき、
何か、静かなような、歌は嫌いで歌う気がないような、
そう言う感じに聞こえた。
僕は、前にも言った理由があるので
ほとんど、この歌は歌わなかった。

卒業式の間でさえも、付近のいじめっ子から
文句を言われたり小突かれることがある中、
今までの学校生活、卒業式の準備中での
いじめの事があたまをよぎり、
こういうことからも一時は開放されるのかな、と思っていた。

それから何年か後にわれわれの周りでも流行った言葉に
新人類というのがあったが、あれは僕たちのことかな、と
思ったこともある。このあとも、僕たちのときに
変わっていったものはいくつもあり、その都度、
やる気を失っていくのであったが…

結局、僕たちの卒業式は、
泣くこともなければ感動することもなく、
このいやな雰囲気が過ぎ去ったというだけのものであった。
新人類となる僕たちに対する尊敬心のない在校生の呼びかけだと
皮肉めいた妄想を抱いたこともあった。
あれから一年後の卒業式、
何かの用で観客として出席したのだが、
その時の呼びかけは、

「卒業おめでとうございます」

に戻っていた。




というわけで、
僕フッジィの小学校生活はこれで終わるわけであるが、
僕の心の中の卒業式の歌は、
今でも、あの「出発(しゅっぱつ)の歌」なのである。

フッジィ

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

卒業式(5)
そうこうしているうちに、
あっという間に卒業となった。

はやいもので、もう6年が過ぎようとしている。
今まで過ごした小学生時代、色々な思い出があった。
…とは言っても、いい思い出より
いやなことの方が多かったかもしれないが。

でも、今までに書いた記事は、
ほとんどがいい思い出だった。

先生は、
「卒業式に着る服は、必ずしも中学校の
学生服でなくてもいいんだよ。普通の服を
着て参加するのもまた違った気持ち感じていいと思う。」
というような事を言っていた。
僕はそれを聞いて、そういうのもいいかな、と
少し心動かされたが、母は僕に学生服を着せると言った。

今年の卒業生の呼びかけも、
去年と確かほとんど同じパターンだ。
思い出の発表の中で、今年も劇の題名が出てくるが、
僕たちのクラスは、「」一文字だけなので、
またも生徒たちが笑った
今年は、僕は何か発表したか覚えていないが、
みんなで練習をしたのをおぼえている。



さて、卒業式当日ー。

僕は中学校の学生服を着て準備をした。
金ボタンに、四角い襟の、普通の学ランだった。
カラー(襟)の内側の部分に固いプラスチックがつけられていて、
慣れないうちは首やあごが痛かった。
母親も後ろから見にきていた。
学校では、確か白い色の紙花をつけ、
いつもと違う前の列のいすに腰掛けた。

さて、僕たちの卒業式、
どんな気持ちで過ごすのだろうか。



続く

テーマ:日記 - ジャンル:日記

卒業文集
小学校生活もいよいよ大詰め。

小学校を卒業すれば、次に僕たちが行く中学校は
歩いて15分くらいの所にある、大人数収容の中学校である。

そして、今日は卒業文集の作成の日であった。

生徒たちの写真は、少し前に撮った集合写真やスナップ写真があるので、
あとは僕たちのプロフィールを作る作業である。
○の下に四角い枠をくっつけ人の形にし、
○の中には自分の似顔絵、四角の枠には名前や自己紹介の情報を載せるのである。

この作業も数回に分けて行ったような気がする。

自己紹介は書き終わった。
次は似顔絵である。
今思えば、僕はどうやって自分の似顔絵を描いたか覚えていない。
下書きを書いて、なんとか自分の顔を載せたのであるが、
いじめっ子のY君がすっとその絵を引ったくった。
何すんの!と反抗したかったが、その後の暴力が怖くて
手を出せずに返してくれるのを待った。
そして、かえってきたその絵は、
いたずら書きしたひどい顔になっていた。
顔はぶくぶく太っていて、怒っているような顔で、
いやだからすぐに消しゴムで消した。
消しゴムで消したら、残ったボールペンの絵を見て、
「あ、これならまあいいか。」と思ったが、
またY君が来て引ったくった。

今度はボールペンでまた同じ顔を書かれた。
もう何とかしなきゃと思い、先生にも言おうかと思ったが
言うきっかけがつかめない。
また、修正のために上から貼り付ける白いシール用紙も
さっきのいじめっ子とその仲間たちがいたずらに使い、
ひとつも残らなくなった。
そのうち彼らは、調子に乗って野球拳をやりだし、
終いには裸になった人もあらわれる始末となった。

その後、彼らは担任の先生にこっぴどく叱られ、
教室全体がシーーーーーンと静まり返ったのをおぼえている。

そして、文集に載った僕のプロフィールは、
ついにあのひどい顔のままで載ったのであった。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

扇風機
確か、このころの話だったと思うが。

今年も、お祭りの季節がやってきた。

ほかの子供たちと同様、僕もお祭りの時は、
びっしりと並んでいる屋台で買い物をするのが楽しみだった。

確か小学校で、「お祭りでは一人○○円までだよ。」と
お金を使い過ぎないよう指示されたのを憶えている。

その範囲内の小遣いをもらって、親と一緒に歩きながら
自分の買いたい物を買ったり、やりたいことをやったりしたものだ。

小学校低学年のころは確か、金魚すくいをしたり
綿あめを買ったりしていたが、高学年になるにつれ、
ちゃんといつまでももつようなものを買うようになった。

例えば、水遊びセット。洗面器に水を張った中に入れる物で、
プラスチック製の金魚や魚のおもちゃだったり、
果物の形をしたちいさなおもちゃだったり、
そして、いれた魚(おもちゃ)を、プラスチックのひしゃくで
救い上げたりしてあそぶのだった。

他にも、水鉄砲や食器のおもちゃ、スライムや階段を下りるスプリング等、
いろんなおもちゃを買ったことがあった。

今年、屋台に行った時に、あるものが目にとまった。
それはプラモデルで、色々なものがあったが、
その中の、扇風機のプラモデルが欲しくなった。

色々考えた末、そのプラモデルを買うことに決めた。
確か1000円で親に買ってもらい、学校で指定した限度額を
超えていた事に気づいたのは、買った後のことだった。

電池式で、ちゃんと首を振ったり止めたりできる仕組みになっていた。
「そよ風」という名前のその扇風機、
そのころはやっていた扇風機と同じ形らしかった。

それから毎日、説明書を読みながら少しずつ組み立てにかかった。

箱から出して部品を一つ一つ組み立てて行くのだが、
もう初期の段階から壁に当たった。
扇風機の羽根をつける根元の部分で、
首振りを切り替えるための歯車をはめる部分のところである。
説明書の絵に載っている、部品と部品との位置関係、
それに、どこをどうつなげるのかがよくわからない。
説明書の書き方が悪いのか、僕が説明書をよく理解できないのか。
何回組み立ててもきちんとはまらないのだった。
しょうがない、何とかいいところまでやって、早く次に進みたい…
そう思いながら、組み立てた部分を適当に固定し、
次の段階の羽根をつけるところをやった。
これも、なんかうまくはまっていないので、
しょうがないから、もう一度抜いてつけ直そうと、
羽根をつかんで引っぱった。


 バキッ…!!



しまった!!やってしまった…



なかなか抜けないので強く引っぱったために、
羽根が1枚折れてしまったのである。

それから、どうにかして元のようにしようかと考えたが、
どうすることもできなかった。


結局、扇風機はそこで作成中止となってしまい、
とんだ無駄をしてしまったことと、
自分の不器用さを悔やむことになるのであった。


今もあのプラモがあれば作りたいな…。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

劇と音楽の会(4)
もう一つ、僕たちのクラスでやったのは、
「火」という演劇である。
火の起こし方もまだ知らない、原始人の時代、
貴重な存在である火を消さないよう、
見張っている人達がいて、
しかし、主人公であるアズサにねたみか何かを
持ったある人が、火を消してアズサのせいに仕立てる。
みんなから非難をあびたアズサは、
その真犯人を見つけ争いを起こす。
そのさなかに、偶然木が倒れて他の木と擦れ合い、
火がついたので、火起こしの方法を覚えたというようなもの。

みんなで原始人の姿をする。
身体に布切れかなんかを巻き付けて帯を締める。
頭には木で作ったような冠みたいなものをつけ、
手には大きな木の枝で作ったやりを持つ姿が一般的である。

僕は、その主人公アズサを非難する役の一人である。
ほかの人より、少しセリフが長かった。
この日に備えて何度もみんなで練習した。
その主人公役は、勉強はできるものの、
やや気が短く、僕にとって苦手な人の一人であったので、
彼(アズサ)に向かって非難するシーンのときは
気持ちが複雑であった。

やがては総練習になり、
実際に衣裳の用意もして合わせることとなった。
僕は、先生からやりにするための枝を
用意するよう言われていたので、
近くの山へ探しに行った。
大きめの太い枝は見つからなかったが、
少し細長いのはあったので、
それをとって持ってきた。
しかし、後で気がついたのだが、
やりとして扱うには少し小さすぎる。
しかたがないので、やりの代わりに
弓を作ることにした。

総練習のときも、それを持って練習した。
その時は、特に何も言われなかったのだが…

そして、いざ本番となった。


みんなで舞台裏に集まった時、
「おい、○ちゃん(フッジィ)、弓矢を持つのは
アズサともう一人の人(アズサをねたんだ人)だけだぞ。」

彼ら以外は、みんなやりを持つのであるが、
僕にはやりはない。

しょうがないので、僕の前に舞台を離れる
一人の人から借りることになった。

まあ、そんなこんなで、
演劇も無事に終わることができた。


今年で最後の、劇と音楽の会、
もうすぐ始まる卒業式の、呼びかけの中のセリフには、
僕たちのやった劇の名前が紹介されるのである。


テーマ:日記 - ジャンル:日記



プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。