フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達
小学校に入ってからも最初の二年位はあまりこれと言った思い出がない。
でも、いつの頃あった出来事か覚えてないけど、懐かしい思い出はたくさんある。
僕が小学生になって初めの頃、2~3人の子たちが家に遊びに来ていた事がある。こちらが誘ったのか、
彼らから来たいと言って来たかは覚えていないけど。
ある日、家に遊びに来ていた友達の一人が「今度は家においでよ」と言った。
僕も誘われてみんなについて行った。
家から歩いて5分位のその友達の家、僕は入るのが恥ずかしくなった。そこのお母さんが
「入らないの?」と言った。僕は、「うん」 と言った。
その後、僕は何をしたらよいかわからず、友達の家の入り口にを背にして、そばの鉄の柵にもたれながら
しばらくぼーっとしていた。空を飛んでいる鳥を見ていた。
鳥は群れをなして同じところをぐるぐる回っていた。みんな同時に、ある時は翼をバタバタさせて上昇し、
ある時は翼の動きを止めて降下した。そんな様子を、しばらくぼーっとしながら見ていた。
別にすぐ家に帰ってもいいのになぜこんな事してたのかよくわかんないけど。
当時、人の家に入るのはとても苦手な僕だった。
ちなみに、この話をしたのはこのブログが初めてです。
スポンサーサイト


プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。