フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床屋
一番始めに話したけど、僕の実家は一本の道路沿いにあり、向かいには複数の店があった。
家の向かいから左に2件目は床屋で、小さい頃僕や弟はいつもそこで髪を切ってもらっていた。
床屋のご主人は、(たいていどこの床屋もそうだが)よくしゃべり、くだらないような色んな話をする。
奥さんとはいつも仲が悪そうであり、後に別居したという噂も聞く。
ラジオがいつも流れて来て、その頃流行っていた音楽やちょっと品のないトーク等が流れてくる。
僕の、床屋のイメージはこんな感じだ。
毎回行くにつれ、床屋ではどういう順番で散髪するか覚えてくる。
エプロンかけてイスを上げて、霧吹きみたいなので髪の毛をぬらす。
バリカンをかける。くしで髪の毛をすいて先っぽをはさみで切る。
ある程度切り終わったらブラシで髪の毛を落とし、入れ物にお湯を入れ、
粉末を入れてはけで泡立てる。それをクリームとして顔に塗り、ひげを剃る(その頃は産毛ですか)。
眉毛やもみあげもきれいにそろえて、顔を拭き、頭を洗って乾かす。最後に髪型をそろえて出来上がり。
大体どこの床屋も同じような流れと思うが、僕はいつもラジオを聞きながら、この流れを見ていた。
僕は、床屋に行くのは月に1度くらいだが、何度も何度も行っていて、あるとき
新しい機械が置いてあった事に気づいた。僕が自分の番を待っている間に見つけたものだが、
ボタンを押すと、「ウィーーーーーン」という音がして、
そこからひげ剃りのクリームが出てくる機械だった。
今の床屋には、たいがいそれが置いてあると思うが、僕はそれまで、入れ物にお湯と粉末を入れたものを
使っていて、それが慣れていた。ところが、今回そのクリームのつけ方を見て僕は驚いていた。
ボタンを押してそれを手に取ると、それをその人(確かお客は女の子だったと思う)に顔に
手でつけていたのである。
今はそれが普通だが、当時の僕にとってそれは何か胸騒ぎがする、
何か恥ずかしいような異様な気持ちだった。
自分の番になり、髪の毛を切ってクリームを塗る番となった。
僕は、とうとうじっとしていられなくなり、泣き出して、家まで抜け出した。
床屋の主人も母親も、なぜそうなったのかわからないようだった。でも、その後はしばらく、
僕にはあの粉末からのクリームを使ってくれていた。
僕が機械のクリームをいやがっていたのを知ってか知らなかったか。
その(粉末の)クリームを使ったときのそのときの僕の気持ちは、安心そのものだった。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

未知の世界
小学生時代、多分、低学年だったと思う。
ある日、父親に連れられて一緒に歩いた。学校よりも、もっと向こう。
前回話した集団下校の道に曲がらず、もっとまっすぐ行った。
ここから見た、このまっすぐ進んだ道の果てには、なにがあるのだろう。
行ったことがないので、何があるか想像つかなかった。
車の通る道の横を、まっすぐに歩いた。
やがて、舗装された道じゃなくなり、砂利道となった。
ここまでくると、車はほとんど通らないようだ。道幅もなんだか狭くなっている。
横を見ると、濃いオレンジ色のペンキで塗られた、柵の門扉があった。
ここはいつも、開いているようだ。
さらに道はあった。正面には山があって、山肌は面白い形をしていた。
そこに、2つ、3つの分かれ道がある。僕たちは、左の道を進んだ。
そこは、ずっと砂利道で、上り坂になっていた。
その坂をずっと登っていった。天辺は、何も見えなかった。
坂の天辺まで登りつめると、そこからは下り坂になっていた。
そこには、今まで僕が見たことのなかった、未知の世界が存在していた。
坂の上のほうにある家々は、日陰がないので、太陽の光に照らされてとても明るかった。
僕はこんな、明るい家に住んでみたいと思った。
今度はそこの坂を下りていった。
あとからあとから、知らない世界が見えてきた。
坂を下って、左側には別の山へ行く道があった。
この日はそこには行かなかったが、ほかにも歩いているときいろいろな世界を見た。
今は何を見たか、あまり覚えていないが、確か途中に養鶏場があって、
「ここには数百羽のニワトリがいる」と父に教えてもらった記憶がある。
でも僕がそこで一番感じたことは、自分の見たことのない新しい世界に、
感動を覚えていたことであった。
特に、何の変わりのない、普通の町であったが。
でも、その気持ちは今も心の中に覚えている。
父との思い出の一幕。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。