フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み(3)
楽しい夏休み、ひとつどうしても心の片隅に引っかかっているものがあった。
夏休みの宿題である。
多くの人は、同じ経験をしたかもしれないが、
僕は、夏休みが終わりに近づくと、宿題で慌てる方だった。

宿題をすっかり忘れているわけではない。
僕のころは、「なつやすみのとも」という名前の、数十ページほどの冊子が、
いつも配られている。
その中には、国語や算数など、あらゆる科目の課題があった。
たいがいは、そんなに難しくないものであったが、中に必ず、
やるのに何日もかかるような課題があり、また、簡単にはできないものもあった。
それで、簡単なのは早いうちに済ましてしまうが、すぐにできないものは
自分にとってやり始めるのに抵抗感があり、結局あとで慌てるのであった。
よく、「なつやすみのとも」を皮肉に感じた。
「あれはなつやすみの敵だ」と皮肉を言っていた。

算数の問題や、国語の穴埋め等、答えが決まっているものについては
難なくできあがる。しかし、教科書でならっていないもの、
自分で考えてそれを表現するようなものはどうやっていいかわからなかった。

工作系は、時間はかかるけど、好きな方なので夢中になれた。
ただし、不器用で思い通りにいかず、泣いたこともあった。

絵を描く課題は、何をモチーフにする所から迷った。かっこわるいと思うものは
書きたくなかった。また、絵の具の用意をするのに時間もかかるので、面倒だった。

読書感想文は本当に困った。何も感じる所はないのに、何か書かなきゃばつが悪い。
時間だけどんどん過ぎていく。しかし終わらない限り自由になれない。

夏休み最後の日には、よく遅くまで悩んでいた。しまいには適当に済ませる事が多かった。
親がたまりかねてか、1から10まで僕に書くことを教えてくれたり、字をわざと
子供っぽく書いたりして手伝ってくれたこともあった。(今思えば恥ずかしいことだが)
ときには始業式の日にも宿題が間に合わないこともあった。

親にはいつも、世話をやかせたな、と、今しみじみ思う。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

夏休み(2)
思い出したが、僕にとって夏の風物詩はまだあった。
蚊取り線香、それと蚊帳。
(多分まだあとから他にも思い出すことがあると思う。)
蚊取り線香の匂いで夏を思い出す。
また、蚊帳は秘密の基地みたいな、何かいて落ち着く感じがする。
なんて表現していいのかわからないが、あの感覚が好きである。
昔はよく、蚊帳を吊って、中で蚊取り線香たいて、蚊をいなくするようにした。
その中で、昼でも時々ごろ寝しているのがまた気持ちがいい。
蚊に刺されたら、よくその部分が2~3センチくらい腫れたのを覚えている。
母親に、キンカンというぬり薬をぬってもらっていた。

あと、夏は朝顔。僕の一番好きな花だ。
小学校の事業で、朝顔を植えていた。
そしてこの時期、毎朝起きて、花が咲いているのを見たものだった。
つぼみを見れば、明日咲くもの、あさって咲くものもわかるので、
「この花は明日どうなっているかな?」と想像するのも楽しかった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

花火大会
夏休み、思い出はいっぱいある。

その中の一つに、花火大会がある。
といっても、町内会のや、どこかのスポンサーが主催するような
大規模なものとは違って、
僕の家庭で行なう小さなもの。

うちでは、月曜日の夜に「家庭の夕べ」と言って、
家族で教会の教えを学んだり、みんなで楽しい活動をしたりする日がある。
夏の家庭の夕べでは、時々花火大会をする。

うちの店には、当時、花火も売っていて、
やがては販売をやめたが、結構その時の花火が残っていたので、そこから
少しずつ使ったりしていた。

画用紙にクレヨンかなにかで、花火大会のポスターを作った。
それを、隣の団地の壁に貼ったりして始めたことを覚えている。
時には、友達を呼んで、一緒にやったこともあった。

まず、基本である線香花火。
お次ぎは、それに似た火花をたくさん出すスパーク花火。
まぶしい火花をたくさん出す手持ち花火は、煙が多くてよくむせた。
ねずみ花火は、そのころ紙でねじったのではなく、ビニールテープでねじったものだった。
あと、糸に吊るして火花がくるくる回るもの、
2回、大きく噴火するドラゴン花火、
あと、ビンに入れて、空へとばす細い棒のついたロケット花火。
(笛のついたものはすごくうるさかった)

花火の思い出は、今も心に残っている。

好きだったのは、糸で吊るして、回った花火が最後に提灯を出すもの。
きれいな色の星を打ち上げる3連発や5連発。
燃えるとどんどんからだが伸びてくるへび玉もおもしろかった。

打ち上げた後も、遊べていいのが落下傘。
羽を高速で回して、急激に空へ舞い上がる花火もかっこいい。
ちょっと高いので、あまりやらなかった打ち上げ花火は、
とてもきれいなほうき星を出して空へ舞い上がった。
(後半に紹介した花火は、その頃はあまりやらなかったが)

今でも、「パーン」というロケット花火の音が外から聞こえてくると、
「あー、夏が来たなぁ。」と感じる。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

夏休み
前回、夏の思い出について記事を書いたが、フッジィの夏休みの過ごし方というと、

やはり、海に行くことが多かった。うちの近くの海岸じゃなくて、
車で30分くらい、バスなら1度乗り換えて行って40分以上だと思う。
渋滞してるときは、更に時間がかかる。

トンネルを4~5個もくぐる。

道のりずっと海沿いだが、僕の行く所はたいがい、
もっと向こうの、建物が多くて海が見えなくなる所まで行く。
そこには小さな立て札で、「○○海水浴場→」と書いてあり、
そこから細い道へ入っていく。

裸足で砂が熱い。慌てて波打ち際まで来て、
水がさーーーーーーっと来て、「あー涼しくていい気持ち」
波が引くと、足の先から砂がとられていく。

準備運動。 柔軟体操。
そして浮き輪をもって、海に入る。
先生から、いっぺんに入ると、心臓マヒの恐れがあると習っていたので、
少しずつ入り、足から胴へ、胴から胸へ…
「おーー冷たい!!」
といいながら、浮き輪でちゃぽちゃぽ泳ぐ。
当時、僕は泳げなかった。
そのうちに、海の中にある貝を探して拾い始める。
海水パンツに、5~6個入れて岸に上がる。

僕の海水浴は、こんな感じ。
とってきたアサリの貝は、その日の晩のアサリ汁になる。
帰ってきたあと、お風呂に入れば、風呂底に砂が沈んだ。
その後の昼寝が、また格別である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

趣味
同じ社会の中に住んでいるのに、人々の性格は様々である。
考え方、目標、信念、好きなことも様々。
小学生時代も、子供たちの好きなことは様々である。
ただ、趣味もその中でいくつかの分野で分けることはできると思う。
一つは運動系。一日中身体を動かすことが好きなタイプ。
それから技術系。工作をしたり、実験をしたり、そういうのが好きなタイプ。
それと生き物系。動物や虫、花や木などを観察するのが好きなタイプ。
あと、勉強好き系。よくガリ勉と言われてたりする。
僕的にいくつか考えたタイプだが、
僕は基本的に運動は苦手、というか嫌いだった。
勉強も苦手、面白くない科目を勉強しようとするとすぐ飽きる方。
その頃の僕は、工作が結構好きだった。
動物や植物にも興味はあった。
前にも書いたがパソコンやテレビゲームがまだない時代、もし、それらのものが存在すれば、
間違いなく飛びついていた。
しかし、小学校では運動系も多く、なんとなく、
 運動できる人 = 成功者
というイメージが、また、
 運動できない人 = 失格者
というイメージが自分の中にあった。
だから、僕は運動が苦手なので、どこかに劣等感があった。
また、小学生時代から、自分は、普通の人より劣っていると感じ始めていた。
しかし、この話はまた機会をみて述べるとして、今日は僕の趣味の工作について話そうと思う。
この間お盆の時に書いた回り燈籠も自分なりに作ってみたこともある。
割り箸の柱に半紙を貼って、中に豆電球かなんかを入れてその上に丸を切り抜いて色々な
色のセロハンをつけた紙の筒をかぶせて糸で吊るしたり。(回らなかったが)
工作用紙を買って、色々切り貼りして、ジェットコースター、施設、池、公園等を一枚の
紙の上に立てて遊園地を作ったり、
段ボールの箱にレールをつけたり穴を開けたりして、ビー玉転がしを作ったり、
箱や筒に豆電球をつけた幻灯機みたいなものを作ったり、
紙でエレベーターみたいなものを作ったり、
提灯行列のカンテラを作ったり、
段ボールを組み合わせて、ロボット(の形)を作ったり、
割り箸鉄砲、プラモデル、魚釣り、紙製の車…などなど
あと、とても好きだったのは、学研や小学○年生の付録を組み立てること。
しかし、うまく作れたのは大体半分くらいで、失敗してしまうことも多かった。
でも、あのころの工作が今も懐かしく思っている。
この記事を書いている時、工作用紙で遊園地やエレベーター付きの建物なんか
作ってみたいという気持ちがしてきた。

フッジィ


テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記



プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。