フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上で
そのころ、僕は、自分の住んでいた場所が
とても不便でつまらないところのように感じていた。

 バスはあまり来ない

 住んでいるのは年配の人ばかり

 僕の好きなおもちゃが置いてある店もない

 周りは古い団地だらけ

…そんなことをぶつぶつ言いながら過ごしていたが
こんな所でしか味わえないいいものもあった。

うちの近くにある山では、夏近くになると
よくえぞはるぜみが、「やーきー、やーきー」と鳴いて、
それを毎年聞いていたが、
今になってそれが情緒を感じてとても懐かしく思うのである。
いまは、もっと便利な都会に住んでいるのだが、
あんな山は近くにはない。
今でも時々、ああいう自然のある場所に行ってみたい、
と思うものである。

このころ、僕に、M君とW君という2人の
仲のいい友達ができた。
M君もW君も、おだやかでマイペースで、
あまりしゃべるのが得意でなさそうなタイプだった。
M君は丸顔で体格は僕よりちょっと細めだが、細長ではない
普通の体格の子で、W君は細くて、背も少し小さい感じの子だった。
彼らと3人で、よく遊んだ。

彼らのうち、M君の家の方は、あの山のそばにあった。
ちょうど山へ続く丘の一番上に家があって、
小さい道路を挟んで上側がもう林になっている。
そこまでは一番下の道路から100mほどの距離であった。

僕と細身のW君は、よくここへ遊びに行った。

そこから下を見下ろすと、学校と、建ち並ぶ家々が見渡せた。

家の中で、色んなことして遊んだ。

犬もいて、可愛がったりした。

近くの小さな店で、当たりくじ付きのアイスやシャーベットをよく買った。

夏は、せみがよく鳴いていた。

僕たちは、せみ取りもした。

この友達にまつわる話は、これからも時々出てくることになる。


今思えば懐かしい、丘の上での出来事である。

フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/105-0817b3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。