フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッジボール(2)
時は小学生時代に戻そう。
冬の話題も終わり、あっという間に春。

実は、思い出してみても、4年生より5・6年生の思い出の方が多い。
僕はこの春で5年生になった。

このころも、楽しかったこと、いやだったこと、
懐かしいこといっぱいあった。

5年生になっても、クラスや担任は同じで、
前に書いたように6年生までずっと続くのである。
この女性の少し年配の先生、
接していくうちにだんだんと慣れてきた。
でも、癖もあるので相変わらずとっつきづらい部分もある。
この担任の話は、また時々出てくるであろう。

そして新年度も、僕の嫌いな体育の授業が始まった。
そのころは、確か体育の授業もその女性担任が受け持っていたと思う。
専門の体育の先生からも習ったと思ったが、憶えていない。
少なくとも、3年生のあの担任ではない。

そのときの僕は、相変わらずあのドッジボールが大嫌いだった。
当てられるのが恐ろしくて、よく逃げ回っていたし、
外野に逃げてはよく連れ戻された。
また、たまたま自分の所にボールが転がってきたときがあり、
そのときはとって投げるのだが、いつも誰にも当たらず、
あるいはボールをつかまれてしまうのであった。
僕には人にボールを当てることなどできっこないと思っていた。

このころ、僕にはドッジボールと同じくらい嫌いなものがあった。

「おい、お前ももっとみんなと遊ばなきゃだめだぞ。」

そういったのは、何人かのいじめっ子だった。

僕は、昼休みはほとんどいつも1人で遊んでいた
1人だと気楽だし、好きなことができる。
クイズやパズルを解くのも好きだった。
今の時代のような、テレビゲームなんてあれば、
真っ先に飛びついていたであろう。
学校にはもちろん、そんなのはないので
1人ぼーっとしてたり石を積んだりしたことが多かった。

しかし、多くの男子は身体を動かして遊ぶのが好きであった。
鬼ごっこはあたりまえのようにやっていたし、
十字架通せやS陣取りなどのハードな遊びもしていた。

僕をこれらの遊びに誘ったいじめっ子の彼らも、
僕がいじめられるような嫌われる子にならずに
一緒に遊べるようになって欲しいと気遣ってくれたのだろう。
僕は僕で、このような遊びを一緒にすることは
社会の中では必要なのだろうと考え、参加したが、
このあと、またいやなことがおこってくるのであった。

続く
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/114-af44351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。