フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学技術館の思い出
昼休み、外で遊ぶ事はその後も時々あった。
でも、いつまでそれは続いたか憶えていない。
あの、S陣取りは僕にとって大変だったからか、
そんなに何度もはやらずに終わったと思う。
前にも書いたが、僕にとっては身体を使って遊ぶよりも
クイズを解いたり、頭使って考えたりする
遊びの方が夢中になってやれた。

そんな頃、僕にとって非常に興味をひくものがあった。
大きなとこにならどこにでもある、青少年科学館。
うちの地域でも、それはあって、科学技術館といわれていた。
知っての通り、子供たちが科学の力を目や身体等で
感じられるように、色々な面白い展示をしているものだ。
入り口にはロボットがいて、来た子供たちに話しかける…
そんなイメージは、入ったことのある人は容易に思い浮かべると思う。

僕は、小学校高学年くらいに、親に連れて行ってもらったのがきっかけで、
その当時は、子供10円で入れた。
時代が時代なので、現在ほどのものはなかったと思うが、
当時の僕にとっては、画期的なものばかりだった。
こんなすごいものを、誰が発明したのだろうと思ったりもした。
入り口には、しゃべることはなかったけど、確かスタンプを押してくれる
ロボットがいたと思う。(センサーがあり、紙を入れると押してくれるが、
壊れているときも多かった)
中に入ると、列車や船が動いたり、灯台が光ったりする大きな模型や、
光線銃のゲーム、
センサーに触れると目の電球が光る、「怒る鬼」、
高圧電流が本当に放電する展示物、
鉄球がレールにのって宙返りするコースター、
勢い良く物をぶつけても壊れない強化ガラス、
その頃はあまりなかった電卓、
プッシュ式電話のシミュレーション等、
面白いものがいっぱいあって目移りした。

人気があって、並んでもなかなか順番が回ってこないものもあった。
3択式のクイズゲームで、画像や音も聞こえてくる。
当時としては画期的なものだった。
あと、白黒だが当時流行り始めていたテレビスポーツ(小さな細い
長方形の形をしたラケットを動かし、壁に跳ね返る点(ボール)を
打ち返して勝負する、昔懐かしの単純なテレビゲーム)もあった。
(ちなみにラケットを動かすコントローラーは電話機のダイヤル
を使用していた)
キーボードの4と6でラケットを動かし、ボールでオブジェクトを
壊す、ブロック崩しならぬ「レンガ崩し」、
動く障害物をとめながら、下に落ちないように右端へ物を導く
「通り抜けゲーム」というゲームもあった。
現在のゲーム機や、パソコンゲームに比べれば、全然単純であったが
当時、テレビ画面を使うゲームは出たばかりなので、
とても感動していた。

とても楽しかったので、何回も行ったのを憶えている。
よく、10円払って中に入った時、顔がにやけていたものだ。

5年生になって、その科学技術館で毎週科学の勉強ができることを聞き
僕も4月に入会することにした。

その初回の日は僕にとって楽しみであったのだが…

その続きは次回にて。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/116-fb482612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。