フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれのテレビ出演
「今度、おじいちゃん、テレビに出るんだよ。」

母親の方の僕の祖父は、画家をやってて、
よく小樽運河を描いていた。
絵の方も、その地域では有名で、
高価なものだったので、
僕は、そんなおじいちゃんがすごい、と思った。

その関係で、祖父がローカルのテレビ番組に出演するというわけである。
母親から教えてもらって、その日みんなでテレビを見た。
当時、ビデオデッキなんか持っていなかった時代、
きっちりと放送時間にみんなで見るしかなかった。
また、同じ映像は1度しか見られないので、
よく頭に焼き付けておくしか方法がなかった。

テレビにはよっぼど偉い人か、
有名な人しかでられないという印象が強かったので、
知っている人がテレビに出ると、不思議で、何か嬉しい気持ちがした。

テレビで、祖父が話している姿を見たら、すごいと思った。
そのあと、祖父の長男の子供(孫)の写真も写った。
そんなこんなで、無事、この番組が終了したのであるが…

いつしか、「僕もテレビに出れたらなぁ…」と思うようになった。
この頃は、「テレビに出たい」と
テレビ出演に憧れた人は少なくなかったであろう。

しかし、そんな機会はそうそう訪れる物ではなかった。

クイズ番組に、夏休みスペシャルで特別に子供が出演するのを
見たらなんかうらやましかった。
ものによっては、応募して抽選で出演できるものもあっただろうが
そんなのかなり低い確率。最初から諦めていた。

そんな中、小学校の見学旅行で、
みんなでテレビ局を見学することになった。

高学年にもなると、町の中の工場などを見学する
課外授業みたいな物があり、楽しいひとときを過ごしたものである。
去年は、小樽市内の長靴工場や、ガラス工場を見学した。

今年は、なんと札幌まで行き、しかもテレビ局である。
もしかしたら…と、少し期待していた。

クラスであるスタジオに入った。
1組の生徒たちが先にそこの椅子に座っていて、
手前には1台のテレビカメラが置いてあった記憶がある。
そばには大きなモニターがあって、そのモニターには、
「○○小学校5年1組」というテロップと一緒に、
1組の生徒達が映っていた。

「おーっ、すごい!!」

なんか、自分の思った通りに事が運んでいたので嬉しかった。

次は、僕の番だ。

2組の生徒達の番となった。
次は、僕もテレビに映るんだ、と楽しみになった。
よく、テレビに映る時緊張してあがってしまうという話を聞くが
僕はそんなのへっちゃらと、自分がモニターに映る時に
僕はふざけて「べぇ~っ」と舌を出した。
みんなが笑ったのを憶えている。

あの映像、みんな家のテレビで見ているのかな、と、
終わってバスに乗ったあとも余韻に浸っていたが、

後ろで先生方が、
「あれは見学のために、あのテレビ局の中だけで映しているので
放送が家庭のテレビに流れるわけじゃないんだよ。」と
生徒に話しているのを聞いてがっかり…。

やっぱり、そうそう訪れる機会じゃないんだな…。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/127-b86ca660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。