フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間話(2)
親戚は父方も母方も同じ市内に住んでいましたが、うちの場合は、特に母方の親戚が来ることが多いです。
まあ、大抵の場合は母方の方が多いのではないかと思いますが。
ある日、(確か親戚だったと思いますが)家に遊びにきて、母親と女同士で世間話をしていました。
女同士の話は僕にとってはあまり面白くはなかったですが、僕も横から何となく聞いていました。
母が次のような話をしていました。
「○○のおばさんに、□□が、☆☆をちょうだいと言って、最初いたましくて(惜しくて)
少ししかあげなかったが、もっとちょうだいと怒ったら、しぶしぶそれもあげた。」
話の内容はもうはっきりと覚えていないので、大体こんな内容だったと思います。
おそらく、ケチなおばさんに対してずうずうしい性格の人がものをねだっている様子を
言ったものなのでしょうが、それを聞いた僕は泣き出してしまいました。

母親は心配して、なぜ泣いているのか聞いてみましたが、うまく返事ができない。
後で、母親が「言葉で言えないなら書いてみたら」と言ったので、書いてみました。

『おばさんはじぶんのものをあげたくないのに、ちょうだいちょうだいといわれて、
しぶしぶあげたのがかわいそうだったから』

ああ、そうかと親はわかってくれました。

僕にとっては、「しぶしぶあげた」という言葉から、そのおばさんがとても悲しんでいるという
ふうに想像したのでした。

子供ながらの気持ちなんでしょうが、よく自分では誤解して、
「あの人はこういうところが気に入らない」と怒って責めた時に、予期せず相手が悲しんで、
更にはこちらにゆるしを求めるような行動をとるときって、自分の心がすごく痛んで、
怒ったことを後悔することがあります。
自分ではこれを「心の痛み」と呼んでいますが、(わかりますでしょうか?)
このような経験もこれから時々、起こってくるのです。

フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/13-cf5e6520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。