フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首(2)
正月始まり、3日間は自由で、楽しい時間をいつも過ごしていた。
(ただ、そう感じていたのは高校くらいまで。大人になったら、
暇すぎるし面白いテレビ番組もなく、むしろ憂鬱な時間に感じていた。)

それから数日後は父親の誕生日で、
このころはいつもお決まりの行事が待っていた。

僕達の行っている教会の仲間達が、大勢うちにきて
百人一首大会を催すことだった。

近所に住んでいた同じ教会の家族の父親が、
僕の父と同じ誕生日で、いつもこの時期には、
多くの教会員をうちに呼ぶのであった。
(ただ、誕生日を祝うというよりはね、
どちらかと言うと百人一首を楽しむためにだったが)

僕は、この日が大好きで、人がうちに来るのを
いつもわくわくしながら待っていたものである。

12畳くらいある客間を開放して、2、3チームくらい
つくってよく百人一首を楽しんでいた。

食事をする人達は、渡り廊下を下った茶の間でしていた。
お餅やみかんやお菓子を食べたりしていたのを憶えている。

前にも書いたが、僕も少しずつ札を覚え、
ついには100枚全部の札を覚えて遊ぶことが出来た。
参加した人は、みんなそれほど速いわけではなかったので、
僕でも十分に戦うことが出来た。(1チーム3人ずつでプレーしてたし)

そして毎年、最後の試合になると、その後みんな帰ってしまうので
すごく残念な気持ちになるのを今でも憶えている。

また、その部屋は当時、ポータブル式石油ストーブを使って
いて、独特の石油を燃やす臭いが今でも記憶に残っている。



子供の頃の、そんな思い出の一こまだった。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/131-98912d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。