フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式(3)
いよいよ卒業式本番。

体育館の4隅でストーブ焚いて、前側の列には卒業生たちが、
後ろ側には在校生たちが並んで座っている。
その日も、静かに、慎ましく行われた。
卒業生1人1人が、いつも来ている服とは違い、
今日は皆、中学校の学生服に紙製のピンクの花をつけていた。

卒業証書授与。

1人1人が、卒業証書を取りにステージに上がり、
下りて行く場面をずっと僕は見ていた。
特に知り合いがいるわけでもなく、
彼らについて何かを感じているわけではなかったが、
色んな名前の人が一人ずつ上がってくる様子を
じっと見ているのは好きだった。

卒業生への呼びかけ。
卒業生たちが、いすを後ろ向きにして、在校生と向かい合う。

在校生として僕たちは、
先輩の6年生たちに贈る言葉を述べる。

 「おにいさん おねえさん
  卒業おめでとうございます
  (一同)おめでとうございます。」

それから少しして、僕の話す番が来る。

 「おねえさん おにいさん…」

今日もバッチリ言えた。

やがて、今度は卒業生からのあいさつが始まる。


 「…ナウマン象の化石。アイヌの人々のチセ…」

見学旅行の話だ。

 「…お化け大会をしたサマーキャンプ…」

サマーキャンプの話があとに続く。

劇と音楽の会の、「小僧とオニババ」のセリフも、
吹き出して笑う人はいなかった。

そのあと、在校生一同より、「今日の日はさようなら」を歌った。

そして、卒業生代表による別れの言葉を聞き、
いよいよ彼らの合唱による「出発(しゅっぱつ)の歌」。

向かい合う卒業生たちの姿は、大人のように見えた。

 「すばらしい仲間たち 肩を組んで
  明日へ向かって さあ出発だ
  すばらしい仲間たち 肩を組んで
  明日へ向かって さあ出発だ」

何人かの卒業生が、突然泣き始めた。

他の何人かの生徒たちも、泣き始めた。
涙で、歌もうまく歌えなかった。


校庭で「仰げばとうとし」のBGMの中、
涙をながしながら出て行く卒業生たちを見送りながら、
僕も卒業するときは、あんな気持ちになるのだろうか、
感動と、切なさに涙をながしながらお別れするのだろうか、
そんなことをしみじみと考えながら、
この卒業式を過ごしていた。

フッジィ

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/136-ef42dbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。