フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい友達
6年生になってからしばらく経った。

このころも僕は、土曜日になったら教会の子供クラス
プライマリー)に通っていた。

相変わらず自分以外はみな女の子で、少し居心地が悪いような
そんな気持ちで毎週集っていた。
かつては、連れてきたいじめっ子と一緒に悪さをして
よく母親にしかられ、またあるときは、反抗して
母親が頭を抱えていたこともあった。

そんな、いやな思いをしながらも、何とか
通い続けてはいた僕であった。


「俺、教会やめたから。」
「俺もやめたから。」

あのいじめっ子たちも、今はプライマリーには行かなくなった。
僕にそう言い残したのが最後だった。

一時期は僕と教会に行った人は数人にもなった。
かつては、給食のとき、
「食べる前にお祈りしよう。」って言ってくれたほどだった。
僕ですら、みんなの前では恥ずかしくて、祈りは心の中で
祈ったか、祈らないで食べたかしていたのだが。

そんな日がしばらくつづいていたが、しまいには先生が見ていて
「お祈りはしたい人が1人ですればいいでしょ。」と言うくらいになり、
いつのまにか食前の祈りをする光景はなくなった。


「プライマリー、女の子ばかりで面白くない…。」
そんなことを僕は言ったか言わなかったか。

そうしたら母親が、
「誰か別な人を誘ってみたら?」と言った。
母親は、僕のクラスの生徒たちを結構知っているみたいで、
「A君とかいいよ。」と言った。
明るいけどちょっぴりエッチと言われていたあのA君である。

そして、それからどう事が運んだのか、
次の時にはA君も一緒に教会に来てくれた。
それから、6年生の間、ほとんどの土曜日に、
彼と一緒に教会へ行っていたのである。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/145-d57366ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。