フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置き手紙
僕が小学校6年生を卒業するまで、毎月楽しみにしているものがあった。
小学館の雑誌「小学○年生」と、G社の「○年の学習」「○年の科学」である。
いつごろからとりだしたのだろう、もう何年も続いている。
毎月、決まった時期にそれらがくるのを楽しみにしていた。

一番の目当ては、それらについてくる付録で、
「小学○年生」では紙製の組み立てのおもちゃやしかけ等が入っており、
「○年の科学」では、実験等ができるようなプラスチック製の道具や組み立て物、
「○年の学習」は、ときどきあまり面白い物ではないけど、遊びながら
勉強に役立つものが入っていたりしていた。

袋を開けた時に、一番初めにそれらを組み立てたり、遊んだりする。
(大半は不器用なため失敗に終わったり、うまく実験できなかったりするが)
うまくできたときの楽しいことったらなかった。

もちろん、付録だけでなく読み物を読んだりしている。
まんが形式が多く、またまんがの方が読みやすいので、
そのまんがの中に出てくる算数や理科等の教訓が自然に頭に入ってくる。
「学習」や「科学」では、小学校で勉強する以前に覚えてしまうものだってあり、
結構役に立つこともあった。

あと、そういうところで色んな言葉を覚えたり、使おうと思ったりするものである。
あるまんがを読んでいる時に、僕は「置き手紙」という言葉を覚えた。
これはまあ、どちらかというと、子供が家出したり、けんかしたりしてなにか
とんでもないことをしようとした時に、そっと手紙だけ置いといて、
誰にも見つからないように、そっといなくなるようなときに使う言葉だ。
でも、そのころの僕は、そんなことは想像せずに、
ただ書いて置いておき、人に読んでもらうような、そんな手紙を連想していた。

ある時のことである。

ある月の「小学六年生」にシールの綴じ込みがあった。
僕はもともと、何かにペタペタ貼るようなシールが好きで、
当時は今みたく百均とかですぐに手に入るようなものでなかったので、
僕にとってはとても貴重なものだった。

そのシールの中に、のマークの書いてあったシールを見つけたとき、
僕は、「あっ、あの子にまた手紙書こう」と思った。
「あの子」というのは、今までに何度も記事に取り上げた、あの初恋の人である。

いわば、そのころテレビアニメ等で時々話題に出てくる、
好きな人に書くラブレターを書いてみようという野心が燃え始めたのである。
しかしながら、それは僕にとってはとても恥ずかしいことで、
ラブレターのラの字も考えたくないという気持ちだった。

その時に、思いついた言葉が、あの「置き手紙」であった。

「よし、これから『置き手紙』を書いてみよう。
そしてあの人に読んでもらうんだ。」

なんてことを頭の中に思い浮かべるようにして、
恥ずかしさなんか感じないようにした。

そのときに書いた言葉が、

 「やぁ、元気?…   」

そのあとに何を書いたか憶えてはいないが、
かなり馴れ馴れしい書き方をしたのを憶えている。

そして、そのあとにさっきののシールを貼って、
これでできあがったと、それをそこにおいて、
二階に上がって別なことをし始めた。




それから数時間後…



「何でこんなものを貼っているの!!」



何の目的で作った手紙か母親はわかったらしい…


子供がこんなことをしようとしたことをこっぴどく叱られた。



あれ以来、僕はあの初恋の人のことを考えることも、
彼女のために何か行動することもなくなった。

そしてあの手紙は、人騒がせの原因となる本当の置き手紙になったのであった。


…いや、あの手紙が当の本人に渡ってしまったなら、
もっととんでもないことになってしまったかもしれないが。



小学校を卒業して、中学生のとき、街で1回彼女とすれ違った。
彼女が「○やん(フッジィ)。」と声かけてくれたのを憶えている。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/158-1326cb54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。