フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行

「今年は登別に行きます。」


待ちに待った修学旅行の日がやって来た。
去年やおと年は、見学旅行というのがあり、工場やテレビ局など
いろんな場所を見る活動はあったが、
旅行という名前がつくわりに日帰りの短い課外授業だったので、
小学生同士で泊まりを体験するのは、今回が初めてであった。

バスレクで、グループのテーマソングを披露した。
僕のグループは、「ズビビマン」
気の優しく、鼻をかんだらみんなが苦しむあのT君のことで、

「ズ、 ビ、 ズビビのビ〜」と、

ゲゲゲの鬼太郎をもじった歌でみんなが大ウケした。

くま牧場へ行った。
お金を出してえさのダンゴを買えば、
それをえさの発射台のようなものに入れて
くまの口に飛ばすことができるのであるが、
お金がもったいなかったか、学校で買っちゃだめというルールがあってか、
結局やめたということがあった。
えさも何も入れないで、発射台のレバーをつかむと
くまが寄ってきて口を開けたのを見て面白かったのを憶えている。

ロープウェィーに乗った。
濃い霧の雨降りの時だったのを憶えている。
数人乗りの小さいのと、(帰りは)十人以上乗れる大きいのに乗った。

残念ながら、楽しかった思い出はこれくらい。

その日の夜。

部屋の中は何人いたかよく憶えていないが、
僕が早くいつものように寝ようとしたら、
その夜は、男子生徒恒例のまくら投げ大会で、
ムリヤリ参加させられた。
次の瞬間、あるゆるところからこちらにまくらが飛んできた。
ことに攻撃・防備力共に弱い僕に投げてきたまくらは多かった。

その後は、大方想像はつくであろう。

後日、だいぶ後になって母親が、

「なんでいままでまくらなげで泣かされたこと言わなかったの!?」

僕の言われたくない言葉が返ってきた。心配して言ってくれたんだろうけど…



…でも、何で親にわかってしまったんだろう、しばらくずっと謎だったが、


卒業してだいぶ後、
部屋でいらないものの整理をしていたとき、
箱から卒業文集を見つけた。
何気なく色んな人の作文を見ていたが、
A君の作文を見てアッと思った。

「修学旅行の夜、みんなでまくら投げ大会をした。

…○ちゃん(フッジィ)が泣いてしまったので、

まくら投げをやめることにした…」


これかー


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/159-be6f4065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。