フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッジボール(3)
暑い夏も終わり、涼しい秋が来て、
更に寒くなってきたある日のことである。

運動会や、プール授業、外での体育授業もできなくなり、
体育館の中でやることが多くなってきた。

体育館でやる授業は主に球技や体操関係や筋肉運動関係で、
今あまり憶えていないが、色々なことをやった。

体操関係ではラジオ体操はもとより、
柔軟体操、馬跳び、平均台、跳び箱にマット運動、
あと逆立ち(僕はできませんでしたが)

筋肉運動はうさぎ跳び、腕立てや腹筋(これらも苦手で)
あとは棒上り(これも全くできませんでした)

球技ではあまり憶えていませんでしたが、
ポートボールというあまり聞き慣れていないような
球技をやったことがある。(懐かしい方もいると思うが)
バスケットボールを簡単にしたようなもので、
ゴールの代わりに、人が1人立って投げたボールを
つかめたらポイントというもの。
それと僕が一番苦手としていたドッジボール。

この年も、色々な運動をして苦手ながらも何とかしのいでいたが、
ついにあの苦手なドッジボールをやる日が来てしまった。

「今日は、ドッジボールをやります。」というアナウンスが
どんなに自分の心に重くのしかかってきたことか。
それでも、前の男の担任ではないので、それほど怒られることもなく
過ごすことができるのであるが、まともに当てられたときは痛い。
また、相手選手をアウトにする自信も勇気も無い。

ゲームが始まってから、少ししてボールを当てられ、
いつものように外側に出てゲーム終了までそこで持ちこたえようと
うろうろしながら過ごしていた。

そのうち、ボールがこちらの方に飛んできた。
自分のところに来たら、嫌いな割に何故かそれをとって
ぶつけようと投げるのが自分の本性であった。

そしていつものように、勢いの弱いボールを投げつけたら、

「…あれ?」

いつもはとられてしまうはずが、その人ボールを落としてしまった。

「あ、○ちゃん(フッジィ)やった!!」

みんなからの歓声が上がった。

あのときの、嬉しかったことは、今でも憶えている。

それからは、ドッジボールに対して自信がでてきて、
怖いというトラウマはなくなった。
また、いかにしてボールに当たらない方法も憶えた。
ボールをとった人から素早く離れ、みんなが固まっている方向に
うまく隠れる時に、ボールは当たりにくいものである。

こんなわけで、また一つ、
自分の苦手だった物を解決することができた。

フッジィもこうして成長していくのである。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/165-6107371f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。