フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式(6)
「卒業証書 授与」

いつもの年のように、石炭なのか石油なのかわからないけど
ストーブを四隅に焚いて、卒業式が行われた。

僕がもらう番になったときも、みんながやっているのと
同じように、一礼して卒業証書を受け取った。

ついに、6年間の小学校生活も終わりを迎えたのだが、
その実感は、僕にはあまりなかった。
むしろ、自分の学生としての生活や人生も、
いままでとは変わらずこれからも進んで行くという感覚である。

卒業証書を筒の中に入れて、在校生と向かい合って座り、
いよいよ例の「呼びかけ」の時間となった。
また、去年と変わらないセリフで、
在校生が呼びかけてくれるものと考えていたが、

 「お兄さん お姉さん

  卒業おめでとう。



…えっ?とその時思った。
去年のその時のセリフを読まれた方はおわかりと思うが、
今年の卒業式、僕たちに向けて語られた
祝いの言葉には敬語がなかった。



 「(一同)おめでとう。


一同の言葉も同様だった。

それから、あとはいつもの年のように、
在校生と卒業生の呼びかけが行われていった。
演劇のときの思い出、題名の「火」についても
特に笑いもなくすんだ。

最後は、今回新しく作られた卒業式の歌を歌う番である。
みんなが歌っているところを聞いているとき、
何か、静かなような、歌は嫌いで歌う気がないような、
そう言う感じに聞こえた。
僕は、前にも言った理由があるので
ほとんど、この歌は歌わなかった。

卒業式の間でさえも、付近のいじめっ子から
文句を言われたり小突かれることがある中、
今までの学校生活、卒業式の準備中での
いじめの事があたまをよぎり、
こういうことからも一時は開放されるのかな、と思っていた。

それから何年か後にわれわれの周りでも流行った言葉に
新人類というのがあったが、あれは僕たちのことかな、と
思ったこともある。このあとも、僕たちのときに
変わっていったものはいくつもあり、その都度、
やる気を失っていくのであったが…

結局、僕たちの卒業式は、
泣くこともなければ感動することもなく、
このいやな雰囲気が過ぎ去ったというだけのものであった。
新人類となる僕たちに対する尊敬心のない在校生の呼びかけだと
皮肉めいた妄想を抱いたこともあった。
あれから一年後の卒業式、
何かの用で観客として出席したのだが、
その時の呼びかけは、

「卒業おめでとうございます」

に戻っていた。




というわけで、
僕フッジィの小学校生活はこれで終わるわけであるが、
僕の心の中の卒業式の歌は、
今でも、あの「出発(しゅっぱつ)の歌」なのである。

フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/173-eb893cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。