フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンの思い出
ところで、家では犬を飼っていた事がある。

名前は、「ポン」と言って、顔は黒く、
白地に黒のぶちの模様をした雄犬である。
黒シバみたく、目の上に茶色の斑点がある。

なぜ、「ポン」かというと、

特にこれと言った理由はないのだが、
ずっと昔、小学生のころ、うちの畑で母親と弟と一緒にいたときに
ある犬が僕たちの前にやってきたことがある。
道に迷ったのかわからないが、おとなしく、結構なついてきた。
頭をなでようとしたら、すぐ上を向く。
可愛いのでしばらく可愛がっていたのをおぼえている。
夕方くらいになって、
「もう遅いから、自分のところへ帰んなさい。」と
母は犬に言った。

「ポン!」という声が聞こえ、そうしたら、
その犬はその人のところへ帰っていった。
多分、飼い主か、その犬を知っている人だろう。

その犬は、後にもう一度、家に遊びにきたことがあった。

そんなこんなで、その犬の事を思い出して、
名前をポンとつけたと思う。

ポンは、普段はヌボーーーーーッとおとなしい犬だが、
あまり散歩とかさせていなかったので、
母親が、「○(フッジィ)ちゃんがね、散歩につれて行くって。」と言った途端、
もうものすごい勢いで吠えまくる。
雄だからか引っぱる力も強い。


今の世代は、だいたい犬は家の中で飼われているし、
ドックフードを与えたりしつけをするのが一般的のようだが、
その当時、犬は外で犬小屋の中で寝る。
しつけもなく、えさは残った食べ物とかが多い時代だった。
犬小屋の掃除をしていないと、中が臭くなるせいか、
犬はだんだん犬小屋の中では寝なくなり、
冬でも毛皮のみで雪の中で丸まって寝る事が多くなったりした。

昔はそういうのが多かったのだろうが、
今思うと、かわいそうだったかな。
いまだに、散歩を忘れて何日も留守番をさせる夢を見るのである。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/183-6cde3e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。