フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサート
ところでみなさんは、自分が好きなタレントとか
ミュージシャンとかのコンサートによく行くタイプだろうか?

僕は、ほとんどそういうのには自分から行くタイプではない。
どちらかと言えば、テレビとかで見て済ますタイプである(笑)。
無精と言うか、何と言うか…?

子供の頃、親が知り合いからもらったチケットとかで何回か
付き合わされたことがあったが、その中で、覚えているのは

「カーメン・キャバレロ」とか…

それ以外は覚えていない。

それでも、自分で行った事のあるコンサートもある。

「槙原敬之」のコンサート、ちょうど

 「どんなときも。」

がはやっていたころ、友達の行ってる短大に
くるので興味をもって、他の仲間連れて見に行ったのをおぼえている。
彼の歌はわりかし好きな方だった。

中学生のこのころ、エレクトーン教室に行っていることは前にも書いたが、
今回、プロのエレクトーン伴奏者のコンサートがあるという事で、
親友のM君とW君とで行ってきた。

確か、小樽市民会館だったと思うが、ここには奇妙な場所があって、
階段があるのだが反対側にも階段があり、その2つの階段は、
交差したところがあいている。つまり、
そのあいたところから、隣の階段に移る事ができるものである。
それで、登りながら交差したところにくると、隣に移ることを
繰り返しながら登ったり、普通に登ったときにそこの階の景色や
窓の様子がどう違うか比べたりして、遊んだ事をおぼえている。
(なんか別世界に行くみたいな不思議な感覚だった)

その、市民会館には、親と行ったコンサートも含めて
何度か行った事があり、今回も、大ホールから見ていた。

エレクトーンで「チゴイネルワイゼン」などのクラシックも演奏したり、
見事な音楽を次々と演出するものだった。

途中の休憩時間で、友達が、2人ともジュースを買いに行く、
と言って出かけていった。

僕は家から出かける前に、母親からお金を預かったが、

「これは、何かあった時のために使うから、大切にするんだよ。」と
念を押されて預かったものだった。

僕も、ジュースがとても欲しかったので、
このお金でジュースを買おうか、とすごく思ったが、
大事なお金だろうから、使わないことにした。

ジュースが飲みたい、という気持ちも強かったが、
本当は、友達と一緒の行動がしたい、という気持ちの方が強かったのだろう。
2人は、僕以上に付き合いが多く、いつも一緒に何かしているという
印象が強かったのに引き換え、うちはそれだけの余裕ないから、
あまりぜいたくはできないだろうなぁ、と、心を抑えていたのを覚えている。
今回の場合も、よい行いをした方がいいと、そのお金を使わなかったのである。

コンサートが終わって、家に帰った後、母親にお金を返す時に
ジュース買いたかったけど、我慢して買わなかった事を話した。

すると、母親の反応は、僕の期待にそわずに、


「なんだ、使ったらよかったのに。」


のひと言だった。

自分が悔しくて、涙をぼろぼろこぼしていたのをおぼえている。


やがて、高校になったとき、小遣いの金額の事で、
はじめてまともな親子喧嘩をした。
しかし、このころは、なかなか自分の事を主張できず、
悔しい思いをした経験が何回かあった。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/185-ab4c2123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。