フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾の勉強
今日は、初めて塾と呼ばれる所に行く日である。
確か、その時は中学二年生で、場所は親戚の家の近くにあった。

年が進むにつれ、テストが難しくなり
僕の成績があんまりよくなのいで、親が勧めたか勧めなかったか。

学校の勉強以外に、塾に通う生徒や友達はいっぱいいたし、
塾や勉強の教材のダイレクトメールもよく届いてきた。
家のポストには、「○○ゼミ」とかいう郵便物がよく来たが、
僕はまるで興味なかった。
ちゃんと勉強しなければ、竹刀でたたかれる○○館も、
もちろん行きたくはなかった。

でも、ある会社の教材を親が買ってくれ(結構金はかかったらしい)、
一時期家でそれを使って勉強した事はあった。
テープを聴きながら、問題用紙に答えを書いていくタイプのものだ。
しかし、学校で教えていないもの、同じテーマでも学校のと考え方が違う
ものが多く、混乱する一方で、いつの間にかやめてしまっていた。

今回の塾も、自分としては乗り気ではなかったが、
とにかく続けて行ってみる事にした。

始まる前に、近くの大きな店のおもちゃ屋で、
最新のLSIゲーム機を見たりしていたのをおぼえている。
また、帰りにはよく親戚の家へ遊びに寄った。

塾の部屋の中は、だだっ広くて机といすがならべてあった。
生徒の数はわずか数名。その中に、同じクラスの生徒が一人いた。

週に2回、2教科で、それぞれ担当の先生も違っていた。

同級生の男の子は、小樽で一番レベルが高い高校を志望していたが、
結局ランクを下げて二番目のレベルの高校になった。
僕は二番目のを志望していたが、三番目の高校に行く事になった。

ここの塾、教え方悪くて、ランクが下がっていくのかなぁと思った。
先ほどの男の子は、途中でこの塾をやめた。
そして、1人、また1人と、最後には僕1人だけになった。

僕1人のために、一生懸命教える先生も大変だっただろうなぁと、
今になって思う。
僕も、マンツーマンは辛かったのだが。

今はもう、とうの昔になくなっているのだろうな。その塾。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/187-7fa463a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。