フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭
中学にもなると、おぼえていることがだんだん少なくなり、
今後は2年や3年の思い出も一緒になっていくと思う。
やっぱ、小学校のころが一番思い出深いのかな。

小学校のころにあった劇と音楽の会。
中学になると、文化祭(または学校祭)という名前に変わり、
劇と音楽の他に、クラス展示という新たな分野がふえてくる。

小学校のころは、僕的には、演劇をやるのが一番好きだった。
舞台の上で、大道具や小道具が並んでいる中で、
みんなが色んな格好をして、それぞれセリフをしゃべる。
好きだった一番の理由は、面白いからだろう。

音楽の発表も、まあ悪くはなかった。
これも人前で、自分とみんなが一つになって音を合わせる。
それをみんなに披露するのは気持ちがよかった。
音楽も僕は好きな方だったので、音楽もいいなと思った。

ところが、1年生のとき、僕のクラスの割り当ては、クラス展示。
なんか一番地味で、好きではなかった。
中学にもなると、もっと大人的になってくるので、
クラスでみんなで決めて、研究して、集めた資料を
教室の壁に貼ったり、机に並べたりして
その成果をみんなに見てもらうものだった。
今となっては、展示も面白いと感じるのだったが、
僕にとってはつまらないものだった。
もう、何を展示したのかもおぼえていないほどである。

2年のときは、クラスに別な分野を割り当てるのだが、
クラス替えをして、クラスが変わったことから、
結局、僕のいるクラスは、またクラス展示だった。

しかし、劇や音楽の発表も、小学校のころと比べて高度になり、
見たり聞いたりするのは楽しかった。
このころ主流の、フォークソングの合唱も多かった。

演劇の内容も高度なものが多かった。
まじめなストーリーのものが大半だが、
面白いものもあった。
3年生が自分たちで作ったらしい、題名が

「遠山の金さん」

侍の時代なのになぜか、登場する悪役はチンピラ風で、
殺人事件がおこるところから始まる。
やがては金さんがやってきて悪役と戦うが、
ドタバタ劇へと変化していって、
何故か途中でウルトラセブンが出てきて怪獣と戦い、
やっつけて帰っていくシーンがある。
金さんが桜吹雪を見せるときは、
ちゃんと本物で使っているBGMが鳴る。
お裁きの演出も凝っていて、
始終観客の笑いの渦だった。

クラス展示でも、電子機器関係の部活の展示もあり、
電子じゃんけんゲームや、メロディーを記憶する機械などもあり
見ていて面白かったのをおぼえている。

中学3年生で、やっと歌の発表を割り当てられた。
演劇ができなかったのは心残りだったが、
歌の発表できたのはよかった。
もう、何を歌ったかおぼえていないが…


フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/197-a521f1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。