フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白評論
少し遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。(フッジィ)

大晦日は、毎年のように「紅白歌合戦」を見ていました。
これと「ゆく年くる年」を見なければ年越しの気がしないという小市民です。

以前は、正月過ぎて少ししてから、毎年のように気心知れた友達読んで、
録画した紅白歌合戦を見ながら、「紅白批評会」なるものをやっていました。
鍋を囲みながら、あれこれ批評するのはまた楽しいもので、
そんな思い出が10年くらいまえにありました。
今は皆、それぞれの道を歩んで、集まることもなくなりましたが、
紅白歌合戦を見ると、未だに批評会を開きたくなります。

今回から、フッジィのブログで、毎年の紅白歌合戦についての感想や、
自分なりに感じたことをつぶやいていく特集をもうけたいと思います。
これからもよろしくご贔屓にお願いいたします。

フッジィ

===========================================

第64回NHK紅白歌合戦 感想

総論

 全体的に言って、ここ数年、主体が若い世代に移り変わりつつある。僕にとっては、
 子供の頃流れていた曲想がすっかり変わって、現代は訳の分からない曲が横行し、
 一昨年63回のでは、僕にとって良かったのは美輪明宏とMISIAくらいである。
 しかし、そんな自分でも、今回の紅白を聴いているうちに、若い世代の歌もだんだん
 違和感を感じずに聴いているようになったことに気付いた。彼らの世代の曲に溶け込
 めやすくなってきたのか、慣れてきたのか、わからないのであるが。
 特に、今回は歌詞がわかりやすい歌が多いと感じたからかもしれない。NMB48の
 「カモネギックス」にしろ、(鴨がネギ背負って…ですか)e-girlにしろ、
 SKE48にしろ、聴いてて聴きやすい。ちなみに、今回一番カワイイと思ったのは
 miwa(美輪ぢゃない…)ちゃんである。
 北島三郎も今回最後で、世代交代は結構であるが、今後のトリもできれば落ち着いた
 良い曲を流してほしいものである(演歌が良いというわけではないが、軽い感じより
 もどっしり構えた曲の方が僕はいいと思う。年寄り臭いかもしれないが)。

司会者
 嵐が4回連続出場で、彼らの人気はさすがだと思った。NHK大河ドラマ「八重の桜」
 で活躍した綾瀬はるかが、今年はどかんと強さを見せてくれることを期待していたが
 かなりのドタバタにハラハラして、思わず赤組を応援してしまった(が、投票は白に
 入れた)。彼女の天然は好きではあるが。

裏トーク側
 ゲストの林修教授の「去年紅白見てたのは、居間(今)でしょ」のシーンが笑えた。
 (いかにもやらされたという感じだけど個人的にはいいと思う)

楽屋周り
 コロッケのものまねが、全部同じに聞こえた。
 イカ大王が、くまモンやふなっしーの後ろをウロウロして、何してんだろ?(実際は
 紅白の舞台に何度映り込むかという企画らしいが、目立たずに終わってしまうように
 見えて可笑しかった)

NMB48
 自分達で歌ったあと、細川たかしの盛り上げ役になったのは良かった。

ゴールデンボンバー
 偽者が大車輪でかっこ良く回って、本物がこたつでくつろいでいたのはウケた。

きゃりーぱみゅぱみゅ
 当初、違和感を感じていたキャラクタの一人だったが、ココ最近、曲にハマりそうに
 なっているのがコワい…

水森かおり
 衣装が(小林幸子に替わり?)どんどんエスカレートしていくのは結構であるが、
 肩の露出はしなくてよい。

AKB48
 大島優子が突然の卒業宣言。メンバーは知らなくて驚いていたのがわかった。

あまちゃん特別編
 個人的には、ずっと朝ドラみていて笑わせてもらっていたので、内容も把握している。
 特別編も、本編の状況を忠実に再現していて、わざとらしい演出もなく、楽しませて
 もらっていた。ここでは出演者はみなその役柄で出演するかたちになっていた。
 ユイちゃんがとうとう東京へ!
  本編でのついに東京へ行かなかったユイちゃん。呪いも破れてついに来れたか、と
  思ったが、この設定でよかったのか…とも感じた。(よかったことにしよう)
 夏ばっぱ役の宮本信子がゲスト審査員に周り、ここでは登場出来なかったのがちょっ
 と残念だった。
 暦の上ではディセンバー
  紅白で出てくることは期待していた。(出場を狙っていた?)
  まめりんがセンターでなく、バックにいた(国民投票で奈落落ちだったからか?)
 小泉今日子や薬師丸ひろ子が、役名でなく実名で出演しなかったのはちょっと残念
 だった。


 前回に続き、歌には2度出演している。かなり人気が高いのはわかっているのだが…

北島三郎
 大島優子に続き、「紅白を卒業させてもらいます」と言うのが印象的だった。

審査方法
 久しぶりの玉入れ方式で、何故か会場のお客さんとの一体感を感じさせるものだった。
 (アナログ式なのに、何故かホッとするような、親近感のようなものを感じる)

勝敗について
 ここんところ、白組勝利が続いているので、たまには紅組が活用な演出にしたらよい
 と思う(特に目立ったものがないと、いつも白が勝つような気がする)。
 紅白応援をもっと入れると良いと思う。最近の紅白は紅白とも仲良くやっている事が
 多いので、応援対決を入れると面白くていいと思う。


===============================================

…ざっとコメントしてみました。
語彙があまり出てこなく、上手に評論もできないのが悔しいですが、また次もやって
いきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/207-3b0efcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。