フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校受験
中学3年も、半年を過ぎ、受験勉強に励む時期となっていった。
みんなは毎日どのくらい勉強しているかは知らず、
勉強の仕方も未だよくわからない僕は、毎日の勉強に苦労していた。
中間テストや期末テストも、好きな科目はまあまあの点数で、
英語等苦手な科目は、点数は満点中半分も答えられないことが多かった。
期待をふくらませていた、初めて小学校時代に知り合いから英語を習っていた時の、
あの気持ちは何だったんだろうと思った。

そんな中、ある日の事。
担任の先生が言った。
「1年生の時に、技術家庭科の先生をしていた人がいたでしょう。」
僕が1年生の時によく怒られていた、怖くて有名な、技術家庭科の先生。
その頃、工具と製図器は生徒たちがめいめい学校に申し込んで購入し、
また、兄等のお下がりを持っている人は申し込む必要はないので購入しなかった。
今まで大概のものは親がやってくれていたので何とも思っていなかったが、
今回は僕はどうすればいいかわからず、自分で親にお願いしたりする事もわからず、
技術家庭科の先生に申し込むやり方もわからない。ましてや厳しい先生に
申請することは至難の業の僕には、工具と製図器を買うことが出来なかった。
購入をあきらめて、自分は授業で何もせず何とかしのごうとも思った。
でも、ひょんなきっかけで、購入することができた。そんなエピソードがある。
また、「一番早くできた人は、チョコレートやるぞ。」という意外な一面も持っていた先生だった。
2年生になって、その先生は他のクラスで授業をしていたが、
最近は病気で、美術の男の先生が代わりに受け持っていたのであった。

「その先生が最近亡くなられました。」

周りからは、「へぇ~死んだのか~。」と、ざわざわ声が聞こえてきた。
最近はこのような出来事があった。


学校で授業を受けていた、ある日の事だった。
音楽室の方から、何やら合唱の声が聞こえてきた。
最近何度も聞こえる歌で、同じところを何度も繰り返し練習していた。

後にその歌は、「山の息吹」という歌と知った。
毎年、卒業生が披露する、伝統の曲らしかった。

(次回は、僕が2年生の時、先輩達の中学校での卒業式について話をします。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/216-7817fa92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。