フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校受験(2)
センター試験も終わり、受験生はそれぞれ色々な気持ちで帰っていったのではと思う今日。

話は変わって、高校受験。
卒業近づく頃、それぞれの進路を切り拓くための受験シーズンが始まる。

その日は、私立高校の受験日。
志望校に入れなかった時の滑り止めとして受ける人がほとんどだった。

僕達男子生徒が言ったその私立高校、
噂を聞けば、体育系で暴力的なこわいあんちゃんが集まっている所で、
学校もたいそう古くて汚いイメージがあったが、
さすがは私立高校で、最近建て直したらしく、中は新しく綺麗だった。
(今思えば、受験生のために、特に清掃に力を入れたと思うが)
試験は意外に難しく、これじゃこの高校に入るのさえ無理だと思った。
(実際はほとんどの人は入れるのであるが)

試験が終わったあと、中学に戻り、公立高校に受かった場合は
この高校入学を辞退する書類を書いたのをおぼえている。
こういう仕組みになっているのかと初めて知った。

そしていよいよ、本命の高校受験の日が来た。

受験会場は高校であったが、どこの高校で受けたかおぼえてはいない。
塾で何度か模試を受けたが、とても難しかった。
本番も模試と同じように難しいのかなと思った。
国語、数学、科学、社会、英語
国語は結構答えが書けた。
数学も、私立高校のより難しくなかった。
科学も、それなりに書けた。
社会、英語はあまり覚えていないが、難しい方だったと思う。
ただ、どれも模試ほど難しい問題ではなかった。

そして、自分の志望していた高校の受験がようやく終わった。

帰りのバス停まで来た時思った。

「ああ、もしも普通校(自分の本来行きたかった)を目指していたら落ちてただろうな…」

そう感じた。


それからしばらくたって、僕の受験した商業情報処理高校の合格通知が来た。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/219-26a68de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。