フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強歩大会
時期はかなり暖かくなったころか、夏が過ぎ去ったころと思うが、
確か2年生の時である。
うちの高校の強歩大会があった。10km以上の道のりを最後まで歩き、戻ってくるものである。
開催されたのは、高校に在学中はその時1回だけだった。
歩いて行うとは言ったが、実際は、走れる人はとにかく走って戻ってくることを期待され、
特に運動部では、先輩から走るように言われた。
部活で、一度だけそのコースを走った。
運動が苦手な私にとって、当然ながら周りの人より遅れ、
先輩たちからせっつかれた記憶がある。また、上り坂が多いのでかなりしんどかった。
強歩大会の案内がガリ刷りで配られたが、
内容を見てなんか嫌な気持ちだった。
各ポイントの坂道について書かれていたが、
内容は、1か所を除いてみな「ゆるい坂」。
それは、普段僕が走らされている、自分にとってきつい坂道もみなそう書かれていた。
「それじゃ、『ややきつい』と書かれている残り1つの坂って、どんな坂なんだい?!」
あとでそこを走ったときは、自分にとってものすごい急な坂だということがわかった。
本番のとき、何とか走ってはみたが、やはり運動部の生徒からはどんどん抜かれるはめになった。自分にとってはなぜこんな所を軽やかに走れるのだろうという感じだった。
結局、自分はマイペースで走ったり歩いたりしながら進んだ。
折り返しを越えた同じ部活の生徒とすれ違う時だけは、走っている所を見せてごまかそうと思ったが、それでも、「遅い」「ちゃんと走れ」と言われるのだった。
ようやくゴールが見え、これで今日の勤めは終わった…と内心ホッとした。
学校に戻り、帰る時間まで待とうと思った。しかし、ホッとしたのもつかの間。
放課後、その日も部活があることがわかった。
しかも、その日もまた、嫌な思いのする時間を過ごすのであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/234-cd91484b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。