フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめっこいじめられっこ
小学校、どこのクラスにもあったと思われる存在がある。
いじめる人、いじめられる人である。

1年生のころ、教室のみんなの机には、それぞれの生徒の名前が書かれた紙が貼ってあった。
僕は一人一人の名前を見ていた。その中で、ある人の名前がなぜか頭の中に覚えたままだった。
印象がある名前かというと、そうではないのだが。

何週間かたった頃、僕はその男の子からパンチをくらったり、いたずらされたり、追いかけられたり、
そう、自分はいじめられっこの部類である。
追いかけられたとき、なぜか怖くて逃げるという気持ちではなかったが、つかまってたたかれたりすると、
すごくいやな気持ちが残る。
やがて、その子は僕のいじめの常習犯の一人となっていく。学校の中では、悩みの種となった。

その人も、仲間ができて、いじめの人は増えていった。
今思うと、笑い話のひとつにもなるのだが、帰り道にその子たちが遠く、前にいると、早く帰りたい気持ちを
我慢して、見つからないだけ距離をあけて、後ろからゆっくり帰ったものである。
給食の時間ははらはらの毎日。パンを入れてたビニール袋を膨らまして、耳の前で「ボン!!」と
割る人がいたり、みんなも覚えていると思うが、パンの袋に指を押し込んで穴の開かないように小さな風船を
つくり、ねじって空気が出ないようにして、耳の前でつまんで割る。あれをやられたら、しばらくは、
「キーーーーーーン」という音が止まらないのだった。横と後ろは特に用心だ。お習字の、半紙を入れてた袋
を割る人もいた。紙の袋だと特に大きい音が出る。

そんないじめっこが、仲良くできるように配慮してくれたのはうちの母だった。
後に、そのことを書こうとも思うが彼を教会に誘った事もある。
友達にもなり、いじめっこでもあった彼の話は、とりあえずこの辺で。 フッジィ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/25-48baeb1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。