フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦喧嘩
誰でも一度は、
「あなたの一番尊敬している人は?」と聞かれたことがあるだろう。
その返事も、
「発明家エジソン」
「福沢諭吉」
「○○スポーツ選手」
「学校の先生」
「坂本龍馬」
「あいだみつを」
「近所に住んでいる知人」
など様々だが、
「父親」「母親」「両親」
と答えた人も少なくないだろう。
僕もまた、両親を尊敬している人の一人である。
尊敬している理由は色々ある。
うちの両親はどちらかというと子煩悩で
いつも子供達を可愛がってくれ、子育てに一心だった。
そのおかげか、僕はいつも親を信頼し、親の存在は何よりだった。

僕がまだ、小学校低学年の頃だと思う。
今はもう、うちの両親は仲のいい夫婦だが、
その頃の僕から見た両親は、仲は普通。いや、喧嘩をしていることも多かった。
うちは自営業なので、父も母もいつも家にいる。
夫婦喧嘩も、子供達が起きている間にすることもあった。

そんなある日、かなり長い喧嘩が起こった。
いつもなら半日~1日くらいで元の調子に戻っていたが、
その時はなかなか治まらなかった。
喧嘩は次の日も続いた。
何日続いたかは覚えていないが、
僕は弟はとても不安になった。
自分にとって絶対的な存在であった両親が、仲の悪い状況が続くということは
この先どうなるのかと心配になってくるということである。

そんなある時、
病院へ行くためだったか配達について行ったときだったか覚えていないが
僕は車の助手席に、父の隣に座った。
いつものように、運転する前に安全を願うためお祈りする父は、
「天のお父様…
 …今、お母さんとうまくいきませんが、…助けて下さい。」
というような祈りをしていた。
僕がその立場だったら、恥ずかしくてとてもそんなお祈りはできなかっただろう。
父親の、普段見ない一面を見る機会だった。

それからほどなくして、夫婦喧嘩は治まり、仲良くやっている両親の姿を
見ることができた。
あとから聞いてみたら、母も、自分の悪いところを謝っていたそうだ。
僕も母親の肩を持つ子供だっただけに、母親からのその言葉は意外だった。

両親は、僕にとって尊敬する存在である。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/58-b0c37f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。