フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正琴(2)
…前回の記事の続きを言わねばなるまい。

それから、しばらくたったある日。

親戚の集まりで、僕の家族みんなが母方の実家に集まった。

なんの目的で集まったか憶えてはいないが、
子供の頃の当時は、しょっ中行ったり来たりしていたのであった。

みんなでごはんを食べて、色々おしゃべりして、
子供達は子供達同士で遊ぶ時間になったころ、
僕は、この家にあったあの珍しい楽器で遊びたくなった。

「あの、この前のドレミで弾けるギターみたいのやりたい!」

と、僕はそこの親戚の人達に言った。
この時、僕は、この前見せてくれた叔父に直接言ったのではなかったのだろう。
その家のおばや他の親戚も、僕の言ったものが何なのか、
わからないかの様子だった。

以前に書いた記事の中で、小さい電球をはめ込んで
光る絵を作るおもちゃの話があるが、親戚の家にあるそれを使おうとしたら
親からだめってとめられ、「これ、貸して。」とも自分で言えずに
それまでになったという内容だった。
今回の大正琴の件でも、
その親戚は僕のやりたいものが何かわからなかったか
あるいは、大正琴とわかったがその日は貸したくはなかったか
結局、その大正琴を貸してあげるという話には進まなかった。
母親も、ついにはとめるに至ったが、
僕はがんとして言うことを聞かず、
「あれやりたい! あれやりたい!!」の一点張りだった。

ついに、母親は怒って、僕を連れて帰ることになった。
引っぱられながらも、ずっと駄々をこねていた。
急いで叔父は、ウクレレを持って来た。
「これじゃない!! これじゃない!!」と
泣きじゃくりながら、車に乗せられたことを憶えている。

言うまでもなく、車の中で母親はすごく怒っていた。
「この楽器、すぐにぶっ返すからね!!」と言っていたが、
そのウクレレはその家には戻らず、処分するまでずっとうちに置いてあった。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/65-c727983b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。