フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇と音楽の会
3年生の記事も、そろそろ終盤。
あと、残っている記憶はそんなにない。
そんな中、小学校時代に書いておきたい思い出話の1つに、
「劇と音楽の会」の話がある。
これは、今で言う「学習発表会」であるが、僕にとってはこの名前、
何か固くて難しい言葉というイメージがあり、
「劇と音楽の会」という名前の方が好きだ。

この日はもちろん、普段の授業はなく、
ずっと演劇や音楽の発表を見られるので楽しかった。
みなさんもおわかりだと思うが、体育館のステージに
大道具や小道具、照明や幕をつける。
音響に使うレコードやカセットテープ、マイクやスピーカーを設定し、
その中で、各クラスの子供たちが、それぞれ色んな工夫をして
歌ったり演じたりする。
大道具もクラスのみんなの手作り。
また、各種衣裳やお面等も各自で作る。
音楽のクラスは、リコーダや鍵盤ハーモニカ、
カスタネットやトライアングル、
太鼓やシンバル等、色んな楽器で演じる。
(楽器演奏の得意な人以外は、みなリコーダだけどね)

とにかく、みんなの発表をみるのは楽しかった。

僕が一番面白くて好きだったのは、高学年クラス発表の
「ずっこけ殿様」
朝寝坊の殿様を目覚ましで起こすところに、
三輪車に乗って来たばかな男がステージを横切ったりと、
ドタバタな演劇に大笑いしていた。

この頃うちのクラスがやった劇は、
「大きな石」
道の真ん中に落ちていた大きな石が、動物達を通せんぼして、
困った動物達がみんなで色々悩みながら、
やがては力を合わせて解決していくというもの。
あの頃は自分のセリフを一生懸命暗記していて、
落ち着いてセリフを披露していた記憶がある。

演出していた時は、照明がまぶしくて
観客は全然見えなかったのを憶えている。

あと、インパクトが強かったのは、
あるクラスの発表の時に、
途中で照明器具の1つが倒れて、
電球が割れて焦げ臭いような臭いがしたというハプニング。
そんな思い出もあった。

高学年時代にも劇の発表をする機会は2回くらいあったが、
またそれはいつか書いていこうと思う。

それでは今日はこの辺で。

フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/85-6f7b7481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。