フッジィの思い出日記
私の子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどをブログ形式で紹介します。更新は不定期です。 みなさんもこれを読んでフッジィとはどんな人か、見つけてみて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー授業
そうこうしているうちに、季節はまた冬になった。

前にも書いたことがあるように、この時期はうらにある畑で冬の遊びが行われる。
また、僕の住む地方は雪が多かったので、
学校ではこの時期、体育でスキー授業がよく行われた。
その日は、学校までスキーを担いで登校した。

何時間目から、何時間、授業を受けたのかはもう憶えていないが、
みんなで並んで、集団でスキー会場へ出かけていったのは憶えている。

…とはいっても、その会場はうちのすぐうら。
今思えば、(学校まで)行って戻るのにスキーを担いでくのは馬鹿馬鹿しいことだったが。

僕はスキーを担いで歩くのもよたよた…
ストックが外れたり、スキー板がバッテンになったり…
その中、体育系のあの担任は、僕を厳しく見守っていた。

担いで歩くにも、色々と小言を言われた記憶がある。
そうしていると、前の人に、僕のスキーがぶつかった。
先生は、「お前はちゃんと歩くのが難しい。俺が代わりに謝っておく。」
と言うようなことを言ったのを憶えている。

僕の時代は、スキーはカンダハーというワイヤー式の止め具がついていた。
今の時代のスキーと比べると、着脱はえらいめんどくさく感じたものだった。
滑っている時に転んで、スキー板が外れた時はいやになったのを憶えている。

スキー板は単板、合板、その頃高級なグラスファイバーという種類があった。
ちなみに、僕のは合板である。


そんなある冬の日、うちの学校でスキー大会が行われた。

学年が上がっていくと、上手い人は回転種目も行われたが、
僕の場合は直滑降だ。
紙製の三角旗をたくさん並べて立てて、コース(真っ直ぐな)が作られた。
2つのコースで2人並んで滑り、どちらが早く下に到着するかを競うものだった。
勝ち抜きで誰かが優勝するというものではなく、
ただ各々、2人のうちどちらが早いかを競うものだけだったが。

僕は、スポーツが苦手なので、また遅いだろうと思った。

上まで上って、皆が順に滑っていった。

いよいよ、僕の番だ。

下では、親が応援していた。

ハンドスピーカーからアナウンスが聞こえ、ブザーが鳴った。


その後、結果はどうなっただろうか…


実は僕、身体が太っていたので隣で滑る人よりも体重が重かった。
そのせいで、加速がどんどんつき、
隣の人を抜いたのであった。

コントロールは相変わらず苦手だったので、
途中で隣のコースに入ってしまったのだが、
こちらの勝ちだった。

親も喜んでくれ、また、僕もスポーツにはコンプレックスを感じていたので
とても嬉しかった。
そんな、思い出がある。


そして、ついに僕の3年生時代は終わりを迎え、
次回からは新しい学級での話をしていこうと思う。

ここでも、色々な出来事が起こっていくのである。


フッジィ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fujjiworldblog.blog58.fc2.com/tb.php/86-88d3227b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フッジィ

Author:フッジィ
子供の頃からの思い出・エッセイ・よかったことなどを紹介します。みなさまにとってほんわかするような「癒し(いやし)」的なものになれればと願っています。



訪問者数



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。